So-net無料ブログ作成
検索選択
テレビ ブログトップ

テレビドラマのDVD化 [テレビ]

最近は、連続テレビドラマのDVD化が急増しています。
逆に、単発ドラマは少ないです。
2時間物のジャンルですが、本当に少ない。
30分-1時間と、2時間との差なのか?、連続と単発の差なのか?。
一時は、再放送絡みかと思いましたがそれほど相関もなさそうです。
似た事は、古い時代のもののDVD化でもあります。
ただ、全復刻は少数で、多くはセレクトとかベストとかのコレクションです。
単発ドラマになると、もっと少なくなり、少数のセレクトシリーズをたまに見かける程度です。
動画配信が進む現在で今後は予想しにくいですが、DVDに関しては変化はすくないと予想します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

昼間の再放送が多く見られる [テレビ]

生活習慣や高齢化の影響だろうか、テレビのゴールデンタイム以外の番組も多く見られるようです。
例えば、ドラマの再放送があります。
その中には、かなり古いドラマの再放送があります。
また、ある連続ドラマは回数が判らないほどに繰り返し放送されます。
ひつつの文化の移り変わりでしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

古い時代の生放送 [テレビ]

初期のラジオテレビは、生放送が多くあり、それは録画保存が少ないです。
すなわち、原盤が存在しない事が普通です。
録画番組でも、機器が高価な時代は上書きして使用するので、消失してしまいます。
当然ながら、その時代は個人用の機器も高価で、保有者は少数のマニアだけです。
そんな録画が見つかる事があります。
実際に見る機会はほとんどないのですが、博物館で一部見れます。
また、それから脚本化した書籍出版される事もあります。
映像は品質的に販売できないのでしょう。
文章や話題にも、生放送ならではの逸話が一杯です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

衛星放送のバンド数は増えますが・・・ [テレビ]

地上波デジタル化で、世帯的にはあまりテレビ利用者は減っていない様にみえますが、受像機と視聴時間は大幅に減っているでしょう。
ほとんど見ないが、一応は受像機はあるという人が離れたからです。
それとは無関係?に、衛星放送のバンド数が増えます。
チャンネル事の専門かがすすむことでしょう。
しかし、映画関係は独自制作は増やせないし、新旧あわせての再放送が増えるでしょう。
はたして、どんなコンテンツになるのでしょう。
地上波オンデマンドは、録画の発達とDVD化の影響で、ひろまらないでしょう。
価格設定が高すぎるし、それに見合ったコンテンツは見当たらないのが現状です。
動画サイトも、海外が中心であるし、DVD化される程の名作は少ないらしく、新作のDVD化ばかりです。
相互に、矛盾があるように感じますがどうでしょう。
懐かしい作品を再度見る機会は、特に増えているとは言えないです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

テレビ地上波デジタル化 [テレビ]

テレビ放送が、アナログからデジタルに変わりました。
あまり縁がないので実感はありません。
受信機器が揃わないと、デジタル化にはなりませんが。
美しいものはより美しく、現場感が伝わるらしいです。
元の被写体を反映するのが、全てよいかどうか・・・。
同時に、映像自体がアナログ制作のものは、原則は同じと予測します。
ノスタルジー派は、どう感じるでしょうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

衛星放送・ケーブルテレビの注目度 [テレビ]

既にネット人間に変わった私は、テレビ番組の興味は薄れています。
忘れた頃に、DVDで見る事はありますが、DVD化されないものはノーチャンス
いつもテレビを見ている人が、最近は見たい番組がないと言います。
寝る時間が夜9時くらいで早いので、選択の範囲が狭いのです。
しかし、ゴールデンと呼ばれた、19:00-21:00の地盤沈下は、ありそうです。
それ以降の時間帯を含めると、衛星放送やケーブルテレビ等を見る人が増えている気配がします(サンプル数は少数)。
テレビ受信機が売れている理由は不明です。
一体、誰が何をいつみているのでしょうか。
私は、夜にパソコンでDVDを見ています。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

朝日放送開局60周年・懐かしの音源・映像 [テレビ]

テレビラジオの双方で記念番組が行われました。
主に関西中心です。
流石に60年となると、知らない内容も多いし、忘れていたものはもっと多いです。
ただ、音源の方が保存性は良いと思いました。
勿論、過去とこれからは異なるでしょう。
一部、復刻市販されている、上方落語や漫才の録音は聴き飽きません。
映像に関しては、録画が少ないので生放送ならではの事が面白いとも言えますが、懐かしいが正確な表現でしょう。
途中から録画を残すのが普通になり、繰り返し特番放送が色々な局で放送するようになり、食傷気味ではあります。
懐かしいだけのものは、時々だけにしてもらいたいとも思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

将棋盤の鑑定 [テレビ]

骨董品鑑定テレビバラエティになると気づいたのは、なかなかの事です。
ただし、鑑定は難しい事であるし、たぶん間違いもあるでしょう。
詳細は不明ですが、個人の鑑定士の見解でしょう。
江戸時代の将棋盤の鑑定について、テレビでの鑑定士と実物で再鑑定した複数の人で結果が大きく異なっています。
これがマニア向けグッズならば、それほどでもないが、国宝級の鑑定ですから個人的見解レベルではまずいでしょう。
テレビ局的には、鑑定士の見解を放映しているとの立場で止まっています。
名古屋開府400年の行事の1つとして、将棋の日(江戸時代にお城将棋が行われて日=11/17)を開催します。
実際の日は、その近辺に設定されます。
そこで展示されるとか、記念対局に使用されるとか言われています。
江戸時代となると、もう懐かしいではないですが・・・。

地デジ簡易チューナー無償給付の申込受付を半年延長 [テレビ]

NTT-MEは2010/6/30に、自社運営の「総務省地デジチューナー支援実施センター」での地上デジタル放送受信機器購入等支援申込受付期間の延長を発表しました。
2010/7/2までの予定を、2010/12/28まで受付に変更としている。
支援実施センターは2010年度に、最大120万台の給付を想定していたが、6/28での地上デジタル放送受信機器購入等支援の申込数は、約22万件しか進んでいない。
チューナーがあれば繋がるのかの検証が正確に公表されていない。
アナログからの移行が100%達成とはされておらず、チューナーを付けると逆に、映らない可能性も否定出来ていない。
私の住んでる住宅街での、携帯ワンセグの未受信区域状態も早く改善して欲しい。
たとえ500メートル程度でも、区域外には違いない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
テレビ ブログトップ
メッセージを送る