So-net無料ブログ作成

懐かしのメロディーと、懐かしの歌手 [音楽]

最近、あるいは、年末に、なつかしのメロディー番組がある、あるいは増えた。
録画編集と、現在の歳での歌があります。
どちらも、懐かしいメロディーですが、歌手については懐かしいという場合ともう厳しいという場合と無理だなあという場合が混ざっています。
歌は永遠でも、歌手は歳を取る。
イメージと違う事は、普通にあります。
映像は基本は録画で前者で、演劇は後者と言えるでしょう。
どちらが良いですか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

自粛か、それどころでないのか [音楽]

大震災以来、音楽CDの売り上げが完全に落ちている(1/5程度)とされています。
出版や映像関係は未確認ですが、似た可能性はあります。
紙不足で雑誌の遅れとか、通常生活者の減少からあるていどは予想はできます。
ただ、それ以上に生活必需性が今は少ないのでしょう。
過去も未来もではなく、現在が重要な期間なのでしょう。
いつ元に戻るか、あるいは戻らないのでしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

高年齢層間でのジェネレーションギャップ [音楽]

人間はどうしても自分中心に考えます。
年齢が高くなると、若い・中年・高齢程度に分けて考える傾向の人が増える様です。
実際は、どの年齢でもわずかの年齢の違いでも、ジェネレーションギャップは存在します。
若い時はあったが、年齢が高くなると消えるという事はありません。
段階の世代は、ちょうど日本でロック・フォークソングが広がった時期です。
同時に、グループサウンドやアイドルが沢山登場した時です。
それよりも古くくは、ロカビリー等と演歌系の時代です。
ジャンルが拡散しはじめた時代ですから、個人の好みや懐かしい思い出も幅が広いです。
所が何故か、高齢の司会者やパーソナリティのは、自分の好みが同世代の好みや思い出と勘違いしている人が多いと思います。
個性の押し売り自体が、時代遅れと知らないのは仕事と矛盾していると思えます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

断片的再放送 [音楽]

最近に急増したのが、歌やバラエティで過去の映像を断片的に放映する事です。
ドラマや映画は、再放送・再上映と言いますが、歌手やCM等の短い映像には、どの様な呼び名があうのでしょうか。
そして、断片的な古い映像を見る事を楽しむ人はどの程度いるのでしょうか。
私は、コンサートやワンマンショウや、番組全体の再放送等ならば、楽しめるとも思いますが、切り貼りで現在のタレントが決まり言葉で感想をいう事に、無駄というイメージしか生まれません。
もともと、テレビ等では、音楽・歌の一部のみしか演奏・歌唱しない事が多いです。
それをまた、切り貼りして何か面白いのか疑問です。
そもそも、振り返れば約4-5分の演奏(CD・レコード)を2-3分に短縮して放送してきた事に、いまさら疑問を感じます。
なかなか、他では意味が通じない不思議な事ですが、何故か当たり前と思ってしまっていました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

音楽のジャンル世代 [音楽]

音楽のジャンルは、1970年代くらいから、急激に広がりました。
だいたい、20才頃のはやりの音楽が記憶に残る様に思います。
従って、1970年代くらいに20才だった世代以降は、わずかな違いで嗜好が異なります。
それより古い世代の大衆音楽は、歌謡曲・演歌・浪曲というパターンが多いようで、その人の頭のなかは年齢が高くなると自分と同じという勘違いが多いです。
その後の世代は、グループサウンドが加わります。ロックもそうです。
その次は、フォーク全盛になり、同時にアイドル世代でもあります。
その後は、アニメやニューミュージックというポップス系が増えてきます。
多様化すると、嗜好はばらばらになります。
他人も、自分と同じでは無くなります。
同じ仲間が欲しいか、自分だけの記憶の音楽か、どちらが良いのかはまた別れそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

星野哲朗氏死去 [音楽]

死亡報告ブログではないですが、長く活躍していた人の死去はそれにまつわる事を思い出します。
主に演歌系の歌謡曲の作詞者で、その作品は多数です。
メディアでのニュースでは、決まった少数の曲のみを代表作としていますが、個人レベルでは異なる好きな曲があるでしょう。
私はもう古い人間ですから、カタカナや英語等の歌詞は苦手ですし、それに伴う作曲は多くは詞が後からつく事が主題になって若い人の様には楽しめません。
たぶん、作詞が先の時代の歌謡曲が私には合っている様に感じます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

石井好子氏死去 [音楽]

シャンソン歌手の石井好子氏が亡くなりました。
ほとんど知らないジャンルですが、名前は知っています。
門外漢でも、名前は知っているというのはかなり重要で、ジャンルと個人の知名度のバロメーターでしょう。
なにしろ、現在のベストセラー音楽の、歌手名も作品名も知らない・判らない・憶えないという世代ですから。
とう言っても、私の世代でもすでに大成していて、後継者の時代だったイメージがあります。
むしろ、歌っている所の思い出は少ないです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

視覚も聴覚も個人差がある [音楽]

レコードからCDに移行した時は、多くの人が音の質の向上を体感したと言います。
その後の、音声機器の開発・改良と映像機器の開発・改良では、全て質の向上が上げられています。
たしかに、聴覚の優れた人は存在して僅かな音質の差を聞き分けられるそうです(私は鈍感です)。
映像も同様と言われています。
最高の画質・音質を、最高の機器環境でが売り手のセールスポイントです。
正確には嘘ではなさそうです。
ただし、全ての人が判る能力があるかどうかは別問題です。
そして、費用対効果になるともっと限定的です。
多分、かなり断続的な時間ごとの移行で充分でしょう。
自分は、敏感か鈍感かは、正確には不明でも、なんとなく判りそうです。
アナログ音源をデジタル化して、雑音除去処理をしても、デジタル録音との区別が出来る自信がない人は私と同様に鈍感な方でしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

詳しい年月などを憶えていますか? [音楽]

最近、また増えているのが「懐かしの・・・・」テレビ番組等です。
199x年y月のベスト1です・・って憶えていますか?
余程のマニアでなければ、音楽や映画やテレビ番組等の詳細な年月まで憶えているとは思えません。
たまたま、個人的な思い出と重なるものは、思い出す事はあるかも知れません。
それと、一般的な記憶とは別でしょう。
少し前、かなり昔、相当古い時代・・・レベルで記憶しているのが普通と思います。
どれも、懐かしいには違いないですが・・・。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

非接触タイプのレコード再生機 [音楽]

レーザーディスク・CD・DVD・・・とレーザー光線で再生する機器が新しく作られて来ました。
それが、デジタル記憶をHDDや半導体メモリーに保存する方向に移行しつつあります。
レーザー再生の媒体は、反射を得やすい様に、金属類が蒸着等で表面膜として付けられています。
原理的には、記憶媒体の機械的凹凸を読んでいます。
レコード盤は黒色で、反射は少ないですがゼロではありません。
従って、レコード針以外で、非接触で読むレーザー式再生機も作られています。
レコード自体が、もう新しく作られない媒体で古いものの再生に限られますし、一部の愛好家に限定されます。
もし、CD登場時にこの方式があったらと考えると・・・やはり、サイズとデジタル音声の差で、たいした影響はなかったのかとは思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。